お手入れの仕方

ここでは、布ナプキンの洗濯方法や外出時のご使用方法などについてご紹介いたします。

pdfファイルはコチラからダウンロードいただけます。

洗濯方法
お手入れの仕方1
  • 予備洗い
    使用済みの布ナプキンは、ざっと水洗いをし汚れをある程度落とします。
    石鹸などを使って表面の汚れを軽く洗い流しても良いでしょう。
  • つけ置き
    バケツに水をはり、アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)を適量入れ(1リットルに対して約5g〜10g)布ナプキンをつけ置きします。
    目安はだいたい12時間〜24時間くらいです。
    お好みのエッセンシャルオイルを数滴入れると殺菌、におい対策にもなります。
  • すすぎ
    つけ置きが終わったら軽くもみ洗いしてすすぎ、洗濯機で脱水して干します。
    洗濯機でもう1度水洗いしても構いません。
    ネットに入れて洗った方がいたみが少ないようです。
  • お手入れの仕方2
  • 乾燥
    脱水した上で形を整えて乾かして下さい。
※注意点
  • 天日干しすると色が変色することがあります。
  • 生地をいためるので、あまりゴシゴシ洗わず、優しく洗ってください。
  • 熱湯で洗うと血液が凝固してしまうので、水かぬるま湯で洗って下さい。
    (40℃程度までなら大丈夫です。)
外出時のご使用方法
お手入れの仕方3
  • 乾かないようにすることが原則ですので、携帯用のスプレー容器等に水やアルカリウォッシュ水溶液(あるいは重曹水)を入れて持っておきます。
  • ジップ付きのビニール袋等に汚れた布ナプキンを入れ、水をスプレーして湿らせておきます。
  • さらにそれをポーチに入れて持ち帰ります。
    布ナプキンでは意外に臭いも気になりません。
    * ジップ付きのビニール袋の代わりに、ホームサイズのガム容器(円柱型のプラスチック容器)に入れる等の方法もあります。
ページトップへ戻る